memo

私を構成したものたちのきろく

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

娼年 (集英社文庫)
娼年 (集英社文庫) (JUGEMレビュー »)
石田 衣良
石田さんの作品で一番オススメする作品
GAIA
GAIA (JUGEMレビュー »)
ジャンヌダルク,ジャンヌダルク,yasu,kiyo,Hajime Okano
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
美丘
評価:
石田 衣良
角川グループパブリッシング
¥ 540
(2009-02-25)

 
まず表紙で買うことが躊躇う本w
ですが中身は素敵です。
一途っていいなあ、と思いました。
私も髪の毛真っ赤にしてみたい!
| 石田 衣良 | 20:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
夜の桃
評価:
石田 衣良
新潮社
¥ 1,680
(2008-05-22)

 あいかわらず石田さんらしい恋愛い小説。
| 石田 衣良 | 20:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
花はナイフを身にまとう
 美術教師とモデルの話。
女の子が理想的ヤンデレな頑張るこで可愛かった。
| 漫画 | 19:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
王子達は依存する
ヤンデレなホモの子と近親相姦な兄妹のどろどろ三角関係の話。
| 漫画 | 19:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
オルタナ(ミリオンコミックス 10 Hertz Series 49)
あらすじ。
フリーターの笹岡美生には好きな相手がいた。 幼馴染の大学生、竹尾啓祐。 でも、啓祐は「男が好きな男」じゃない。 ずっとそう思っていたのに、啓祐に好きな男が出来た・・?! ――嫉妬で内臓が焼けそう 奪われるくらいなら、奪う方がいい。 美生は啓祐の好きな相手を自分のものにすることに…。



『誰傷つけんのも誰捨てんのも全然怖くない』というセリフがとても印象的でした。めちゃくちゃ昼ドラ三角関係なお話でしたが、描写がいろいろリアルで心が痛くなり思わず感動です。

個人的にはミキと後輩くんの関係が大好きです。(こっちがこっついてくれればよかったなんていえない!)

ミキいに本気で惚れちゃって、ミキを必死でつなぎとめようとしていててすごく切ない。そして砂を噛むようなセックスがたまらんでした。あああああこの心繋がってない感じがいい。すれ違い!!なんだろう、心が痛みあってる同士で心がどっかいってるのに体を求めちゃう感じすごく大好物です。不憫な子大好き。

| BL | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
夏、君が咲く。 (ビーボーイコミックス)

表紙に釣られてジャケ買いです。
だってAと……(ry

可愛い絵の割に結構シュールなお話でした。
| BL | 22:59 | comments(21) | trackbacks(0) |
クララはいつも傷だらけ (mellow mellow COMICS)
萌え死に\(^O^)/
マジ泣き\(^O^)/

もう一生大切にしたい漫画です。普通のBLってあんま好きじゃないんですが、やっぱりこの作家さん大好きだなあと思いました。オカマだったりヤンデレだったりとかもう私のツボすぎておかしくなりそうでした。
なんでしょう、受けが性にチャランポランだったりするのすごく大好物なのでクララ〜はすごく大好きですし、マメシバのヤンデレ具合は本当にたまらないです。


| BL | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
ふたりの証拠 (ハヤカワepi文庫)
評価:
アゴタ クリストフ
早川書房
¥ 693
(2001-11)

???となりました。
前作とはうってかわって、普通に、本当に普通の小説になっている。
おばあちゃんの家にのったほうの双子のうち一人の、リュカのお話が大半で、最後のほうにクラウスがでてきます。

しかし、本当にラストは毎回衝撃的すぎてついていけません。とりあえず、もう一度読み直して理解を深めてから次の読みます。


| | 00:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
悪童日記 (ハヤカワepi文庫)
評価:
アゴタ クリストフ
早川書房
¥ 693
(2001-05)
「悪童日記」うろ覚え感想
濃い。濃すぎる。なんていうか、エロティックなものもあれば、汚さ、とか色々詰まっていた。ある意味、社会勉強本、といってもいいのだろうか。第二次世界大戦中に田舎に疎開する双子の話なのですが、そんな世界の中で世界を冷静に見る子供双子の話です。内容はすべて短く簡潔になお、とても客観的に日揮として描かれているのであっさりとして読みやすい。

主人公は、双子の兄弟。彼らは自分達のことを「ぼくら」といって、片方をさすとき「ぼくらのうちの一人ともう一人」という。二人は綺麗な天使な顔をしているが、中身はとても大人びていて、見た目は子供、頭脳は大人、という某少年みたいな双子だと思います。彼らは戦争の中で、色々なことを学ぶ。生き抜くために、働く、練習をする、遊びはしないで勉強をする。人間の汚さ、どうやって生き延びるか、ぼくらはぼくらという個でその世界を生き抜いていきます。

よくあるレビューだと、やっぱ悪い星の王子様って感じだなホント。小説読むの慣れてない人は絶対吐き気するような小説だと思いますね。エロも、なんていうか生々しく出てきて、普通に獣姦、強姦、SM出てくるし、殺人描写や虐殺、肉体的精神的虐待な描写もあっさりと、たっぷりある。普通の小説だったら、その現実を柔らかく描写するところを、とても現実的に描いているから不快感を持つ人も多いと思う。

なんていうか、腐的に見ると、この双子完全ヤンデレですよ^^^^^←永遠さんの好みすぎます

だって、双子はもお互いしか見てないし愛とかそういう問題でなく一緒に生きる運命共同体なんです。これ、読んだきっかけはMOTHER3のクラウスとリュカがこの悪童日記が元ということで読んだのですが、それにしてもそれを聞くとまた、まざー3の印象も変わりますねえ。そして泣きたくなる。

三部作らしいので見つけ次第、続編買ってきます。続き気になりすぎる。
| | 23:49 | comments(2) | trackbacks(0) |
ロミオとジュリエット (新潮文庫)

やっぱり悲劇の名作だな、と思いますね。
セリフだけなのに、主役の二人だけでなく脇役の人々の気持ちまでひしひしと伝わってきます。

すれ違いで結ばれないまま亡くなるなんて、本当に悲しい恋愛ですが、二人の中で愛の炎は燃え盛ったままだったのだろうから、ある意味では幸せだったのではないでしょうか……。

それにしても、ロミオのジュリエットに対しての愛の言葉がすごすぎて今の時代だったら女の人はドン引きだろうなあ、と思います(笑
| | 00:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
 1/8 >>